【お知らせ】

邑久長島大橋架橋30周年記念シンポジウム

「人間回復」の思いを未来に-過去、現在そして世界遺産へ-

 

日時:平成30年9月1日(土)午後1時~4時

会場:瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船2階夢いっぱいホール(定員400名 事前申込不要)

   岡山県瀬戸内市長船町土師277番地4(代表:0869-26-8001)

   ※無料駐車場あり(約300台)

主催:邑久長島大橋架橋30周年記念事業実行委員会(事務局:NPO法人ハンセン病療養所世界遺産登録推進協議会事務局)

詳細チラシを公開しました!

20180801NPO法人会員の皆様にDMにてチラシを送付させていただきました。

チラシは瀬戸内市内の主な公共施設(公民館、図書館、市役所本庁、支所、ゆめトピア長船)に設置しております。


キャッチフレーズ(愛称)及びロゴマークの応募総数について

7月10日午後5時で締め切り、集計を行いましたところ国内外から多数の応募をいただきました。心から感謝申し上げます。

キャッチフレーズ(愛称)応募総数:451作品

ロゴマーク応募総数:114作品



笠岡市長小林嘉文様が長島愛生園を訪問されました

平成30年7月2日(月)午前10時30分~ 

 笠岡市長小林嘉文様が、笠岡市職員様と国立療養所長島愛生園を訪問され、自治会館にて山本園長、中尾自治会長、石田事務局長とご面談の後、歴史館及び園内を見学され、語り部入所者からの語りをお聞きになられました。

 今回のご訪問は、平成30年4月に武久顕也瀬戸内市長(本法人理事)が岡山県市長会にて本法人としてハンセン病問題への正しい理解と世界遺産登録運動へのご協力をお願いする講演会の岡山県内各市での開催を打診させていただいたところ、来る8月に笠岡市内で本法人原憲一理事長による講演会の開催が決定し、まずは自ら長島愛生園を学びたいとの小林市長様のご希望により実現したものです。

 小林市長様、笠岡市職員の皆様、遠路お越しいただきありがとうございました。


邑久長島大橋架橋30周年記念式典、本法人事業及び地域再生計画(企業版ふるさと納税)認定が6月市議会定例会にて行政報告されました。

平成29年度瀬戸内市応援寄附(ふるさと納税)実績が報告されました。

寄附金の使い道「⑥人権に関する事業」にご寄附いただきました5,235,000円中、2,000,000円が瀬戸内市補助金として本法人をご支援いただいております。ご寄附いただきました皆様に深くお礼申し上げます。

ふるさと納税によるご支援も引き続き受付中ですので、多くの皆様にご検討いただきますようお願い申し上げます。

瀬戸内市応援寄附(ふるさと納税)サイト

 



平成30年度通常社員総会、座談会、懇親会


NPO法人キャッチフレーズ・ロゴの募集 メディアに掲載中です!締め切りは7月10日(火)!


岡山県教育旅行ガイド

新しくなったガイドの「人権学習」のページに、長島愛生園と邑久光明園をご紹介いただいています。

https://www.okayama-kanko.jp/kyoiku/download.html


ハンセンボランティア「ゆいの会」 ハンセンボランティア養成講座受講生募集

17回目となる養成講座が本年度も始まります。

お申し込みは、ゆいの会事務局(山本勝敏法律事務所内)までお願いします。

yama813@d9.dion.ne.jp


ダウンロード
H30「ゆいの会」ハンセンボラ講座チラシ.pdf
PDFファイル 143.5 KB

MTV三重テレビ放送 5/9~「ハンセン病問題ドキュメンタリー」!Yahoo!ニュース特集で配信

三重テレビ放送が長年にわたって取材を続けてきた「ハンセン病」問題。5月9日から、テレビを越えてインターネットでも配信します。

http://www.mietv.com/information/3119.html
【Yahoo!ニュース 特集内の「深層クローズアップ」コーナー】
https://news.yahoo.co.jp/feature/954